掲載されている内容は取材当時のものです

強くて優しい社会基盤材料を作る

熊井真次先生の研究室では主に3つの分野について研究している。材質の劣化を引き起こさない頑丈な接合方法、質の良いアルミニウム合金の鋳造方法、合金の成分を視覚化する新しい方法の3つを一つひとつ紹介する。そして材料分野における基礎・基本研究の大切さと研究室で学生を育てるということについてきいた。

掲載されている内容は取材当時のものです

シミュレーションで追う惑星の誕生

奥住研究室では、惑星がどのように形成されるのかについての研究を行なっている。先生は、実際には観測することが難しい惑星の形成を、理論物理学に基づくシミュレーションによって解き明かそうとしている。本稿では、惑星の形成を説明するうえでどのような問題が存在し、それらをどのようなアプローチで解決しようとしているかを紹介する。

掲載されている内容は取材当時のものです

現代社会の最適解を探る

塩浦研究室では、情報科学、経営工学、経済学などの分野で現れる問題と、その問題に関連のある数学の研究、そしてその研究の他分野への応用を行なっている。本稿では、まず塩浦研究室が扱っている問題とはどういうものかを説明し、数学との関連性を見ていく。そして、塩浦先生の取り組んだ研究の一つ、オークション理論に触れていく。