掲載されている内容は取材当時のものです

聞こえと無意識の科学

先生は人間の脳の無意識的な情報処理のメカニズムを明らかにしようとしている。特に聴覚について、錯覚を利用することでどのようにして主観的な聴こえというものが形成されるのか追究している。また先生は音楽を聴いたときの心地よさや魅力の形成についても、数理科学・神経生理学的なアプローチからモデルを立てて解析を進めている。

掲載されている内容は取材当時のものです

ビッグデータの先を見る

近年(2013年9月当時)、通信技術の発達によりビッグデータと呼ばれるものが登場してきた。ビッグデータは多方面から注目されており、研究方面では情報分野に限らず他の分野でも利用されていたり、企業ではビジネスなどに活用されたりしている。本稿では、脇田研究室で行われている研究の中から、ビッグデータに関する研究を取り上げて紹介していく。

掲載されている内容は取材当時のものです

今と未来を明るくする有機エレクトロニクス

森研究室では有機エレクトロニクスの研究を行なっている。有機エレクトロニクスとは有機半導体をベースとした電子工学のことであり、近年(2013年9月当時)とても注目されている分野の一つである。本稿ではその中でも代表的な有機半導体と、あわせて有機超伝導に注目して紹介する。また、森研究室ではどのようなアプローチで研究に取り組んでいるかということについても触れていく。