掲載されている内容は取材当時のものです

原子核物理の新領域に挑む

現在の素粒子・原子核の実験は大型の加速器を用いた大がかりなものが主流となってきているが、今回紹介する旭研究室では自作の実験装置で原子核、特にエネルギー的に不安定な原子核の研究を行っている。

掲載されている内容は取材当時のものです

人らしいロボットをつくる

人らしい学習を実現するため、新たな画像認識システム「SOINN」を用い、自分で見聞きして物の概念を習得していくヒュ-マノイドロボットを作成している研究室である。

掲載されている内容は取材当時のものです

フルードパワーで人助け

ケーキなどの冷却材に使用されているというイメージの強いドライアイス。北川・塚越研究室では、そのドライアイスを駆動力として評価している。リハビリ補助機から救助ロボットにまで応用可能な、流体による駆動力-フルードパワーの力を見ていただきたい。