掲載されている内容は取材当時のものです

キカイの育て方

人間の赤ちゃんは誰に教わるでもなく様々なことを学習していく。これは学習が自己組織化により行われているからである。伊藤研究室では汎用性のある学習システムの記述を模索している。

掲載されている内容は取材当時のものです

未来を創るガラスの光

有機物と無機物のハイブリット材料。情報輸送の大幅なスピードアップを実現する新たな端末。 柴田・矢野研究所では、そんな近未来的な研究を行っている。主役はなんとあの「ガラス」だ。 私達が普段目にするドアや窓とは違う、最先端の分野に使われているガラスの姿に迫る。

掲載されている内容は取材当時のものです

環境科学の新たな視点

科学の発展によって引き起こされた環境問題を解決できるのは科学の更なる発展でしかない。 そう思われていた今日に新たな手法を展開する石川研究室。今回はその手法について話を伺った。