掲載されている内容は取材当時のものです

掲載されている内容は取材当時のものです

新世代の素材加工技術

材料を加工して機能を持たせることは工業の基本である。村上・大竹研究室は、素材の強度や耐性を劇的に高める製法を開発している。その技術のカギとなるのが、実用化の研究が始まった炭素系の新物質だ。

掲載されている内容は取材当時のものです

「実験」から見るトポロジー

多面体や球はすべて「同じ」ものとみなし、それらに共通する性質を調べていく数学の研究をトポロジーという。ここ小島研では、コンピュータを用いた大規模な計算やシミュレーションを積極的に活用し、様々なトポロジーの問題を研究している。

掲載されている内容は取材当時のものです

電子を操るナノの技

物理学の世紀といわれた20世紀、量子物理学により今まで説明できなかった現象が次々と解明されるようになった。青柳教授も、量子物理学によってナノオーダーの物理現象を解明しようとしている一人である。今回はすずかけ台キャンパスにある青柳研究室を伺った。

掲載されている内容は取材当時のものです

化学と環境の調和を目指して

現在、私達の生活を脅かしている様々な環境問題を解決するため、国家レベルでの取り組みが成されています。このような中、大塚・山中研究室では化学者の立場から環境問題を解決するため、環境に優しい触媒反応プロセスを目指して研究を行っています。