掲載されている内容は取材当時のものです

掲載されている内容は取材当時のものです

初期の宇宙に想いをめぐらす―素粒子物理の最前線

宇宙は様々な物質で満たされている。しかしそれら性質の違う様々な物質もみな、以前は原子が物質を構成する最も基本的な単位と考えられてきた。だがその原子も実は陽子、中性子、電子から成り、さらにそれらの粒子もクォーク等の「素粒子」から成ることがわかっている。素粒子の振舞を研究することによって現在の自然界を、あるいは初期の宇宙像を理解しようとするのが素粒子物理学と呼ばれる学問の一つの目標である。そうした「究極の世界の物理ー素粒子物理」を専門に研究しているが、東工大理学部物理学科の磯・坂井研究室である。磯教授も坂井助教授も素粒子物理、特に素粒子の統一理論について熱心に語ってくださった。

掲載されている内容は取材当時のものです

掲載されている内容は取材当時のものです

摩擦世界を探る

摩擦とは一体何なのか、そして何故起こるのか。 その究極に挑み、トライボロジーと呼ばれる分野の研究をしているのが、笹田研究室である。