地球を長生きさせる材料

坂井・宮内研究室では、材料工学の側面から持続可能な低炭素化社会を実現するための研究を行なっている。坂井先生と助教の新(あたらし)先生はセメントの改良を通して、宮内先生は光触媒および人工光合成の開発を通して世界が抱える問題に取り組んでいる。本稿では、先生方の研究がどのように社会に貢献しているかについて、また、先生方の研究への姿勢に焦点を当てて紹介する。