信頼・効率を生み出す符号化

情報分野の発展はめざましく、また多岐にわたっている。金子研究室はその中で符号化理論を対象にした研究、特にハードウェアに適切な符号化を施すための研究を行なっている。本稿では符号化の基本から入り、その後先生の研究である誤り訂正符号とデータ圧縮について紹介する。また、先生の研究のスタンスについても触れる。