アジアを見つめ直す―開発経済学―

ソウルオリンピックを期にアジアの情勢に目を向ける人が増えてきている。しかし、15年以上も前からこの動きに注目していきた人がいる(1989年1月当時)。渡辺先生がその人である。1939年慶応大学経済学部卒業。同大学大学院博士課程を終了し、筑波大学教授などを経て、今年度東工大に赴任された。経済学博士。